本文へスキップ

α Musica (アルファムジカ) 音楽総合教室 甲東園 神戸市中央区 中山手通 江坂
ピアノ ヴァイオリン チェロ 声楽 フルート クラリネット ホルンの個人レッスン


指導者 Profile

Profile 









 








      


塚本 祐士  Yuji Tsukamoto 担当:ピアノ
4歳よりピアノをはじめる。
年少より様々なコンクールで入賞、ロシアマスタークラス参加。
第25回ピティナ・ピアノコンペティション西日本地区本選Ⅲ第1位、全国大会入選。第19回堺ピアノコンクール奨励賞受賞。
坂井千春、芝 令子、松本昌敏の各氏に師事。大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。
コンサートにも多数出演し、ステーキハウス三田屋でも演奏している。
(一社)AIEC Planning理事。α Musica音楽総合教室主宰。 →メッセージ


奈良 綾香  Ayaka Nara 担当:ピアノ
大阪府(和泉市)生まれ。5歳よりピアノを始める。大阪府立夕陽丘高校音楽科卒業。
高校在学中、第20回和歌山音楽コンクール声楽部門優秀伴奏者賞受賞、また卒業時、ソリストに選ばれ、 NHKホール(大阪)で行われた第12回定期演奏会に出演。同志社女子大学音楽学科を卒業。大学卒業時、ソリストに選ばれ卒業演奏会に出演。
ロシアのピアニズムに魅せられ、2015年渡露。チャイコフスキー記念国立音楽院に入学し、スタニスラフ・イゴリンスキー氏のもと二年間研鑽を積む。
2008年アンサンブル堺と共演。第52回なにわ芸術祭出演。第8回ロマンチィズム国際コンクール(ロシア)ディプロマ受賞。2016年、2017年、大阪でソロリサイタルを開催する。 これまでに辻本順子、本田真奈、佐藤美秋、中野慶理、スタニスラフ・イゴリンスキーの各氏に、伴奏法をスヴェトラーナ・バンダレンコ氏に師事。
関西を中心にソロ、室内楽など幅広い分野で活動している。和泉市音楽家連盟「音の和」会員。

柳瀬 麻友子  Mayuko Yanase 担当:ピアノ

6歳より二本柳奈津子ピアノ教室にてピアノレッスンを受ける。
PTNAピアノコンペティションB級、グランミューズカテゴリーY全国大会入選、同コンクールD級、E級全国大会ベスト賞。第23回日本クラシック音楽コンクール大学女子の部第5位。第17回万里の長城杯国際音楽コンクールピアノ部門大学の部第1位。
第9回ベーテン音楽コンクール大学生部門全国大会第3位。
大阪府立夕陽丘高等学校音楽科を経て大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コースを首席にて卒業。同大学卒業演奏会に出演。第57回関西新人演奏会出演。
第16回よんよんコンサート出演。同大学大学院芸術文化専攻音楽研究コース卒業。
2018年度ピティナ新人指導者賞受賞。
これまでにピアノを大冨栄里子、土居知子、岡本麻子、二本柳奈津子の各氏に師事。



大出 海  Kai Oide 担当:ピアノ
神戸山手女子高等学校音楽科を卒業。
大阪音楽大学演奏家特別コース卒業。 同大学院ピアノ研究室修了。
第21回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選、第1回寝屋川アルカスピアノコンクール一般部門予選優秀賞、本線奨励賞。 第6回ヨーロッパ国際ピアノコンクールin Japan全国大会大学A部門銀賞、 ウィーン夏季音楽セミナー Prof.Dichter-Wettbewerbコンクール全部門2位、
2017年度大学提携校ドイツFolkwang芸術大学に短期留学。
これまでに山畑 誠、芹澤文美、芹澤佳司、有森 博各氏に師事。

松原 知夏  Chinatsu Matsubara 担当:ピアノ

神戸山手女子高等学校音楽科、大阪音楽大学ピアノ演奏家特別コースを共に首席で卒業。 同大学院ピアノ研究室を給付制奨学生として修了。
学内にて、最優秀賞(第1位)を受賞。
大学在学中、選抜学生によるザ・カレッジ・コンサートに出演。 同大学同窓会《幸楽会》主催による大学創立100周年記念アンサンブルコンクールにおいて第1位。
ショパン国際ピアノコンクールin ASIAアジア大会コンチェルトB部門銅賞、PTNAピアノコンペティションC級銅賞、兵庫県高等学校独唱独奏音楽コンクールピアノ部門金賞をはじめ、数々のコンクールにて入賞。
第35回インターナショナル・ジュニアオリジナルコンサートに出演し、東京オーチャードホールにて演奏し好評を得る。
これまでに、ピアノを芹澤文美、芹澤佳司、角野裕、仲道郁代の各氏に、作曲を長谷川京子氏に師事。
大阪音楽大学演奏員。神戸音楽家協会会員。
神戸山手女子高等学校音楽科非常勤講師

光吉 梨緒  Rio Mitsuyoshi 担当:ピアノ

大阪府立夕陽丘高等学校音楽科、大阪教育大学芸術専攻音楽科コースを経て、同大学院教育学研究科芸術文化専攻を修了
全日本クラッシック音楽コンクール全国大会出場、日本ピアノ教育連盟ピアノオーディション奨励賞、ベーテン音楽コンクール全国大会2位、地区予選最優秀賞及び本選優秀賞、長江杯国際コンクール大学の部5位、全日本ピアノeコンクール奨励賞等、様々なコンクールで入賞。
また各種パーティーでのBGM演奏やサロン、老舗料理店での演奏会、クラッシックバーにてピアニストを務める。
2019年には台湾國立屏東科技大學主催の公演に出演する等、演奏活動にも幅広く取り込んでいる。
これまでに名畑ゆかり、山畑誠の各氏に師事。


矢野 百華  Momoka Yano 担当:ピアノ

兵庫県神戸市出身。
兵庫県立西宮高校音楽科、京都市立芸術大学卒業。同大学大学院修士課程修了。
2006年兵庫県学生ピアノコンクール最優秀賞。2007~2012年PTNAピアノコンペティションE級、F級、G級全国決勝大会入選。2009年宝塚ベガ学生ピアノコンクール第1位。2013年寝屋川市アルカスピアノコンクール一般部門第1位。2014年同コンクールデュオ1台4手部門グランプリ。2015年神戸新人音楽賞コンクール優秀賞。
2017年NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」にピアノトリオで出演。大学内選抜により、ピアノフェスティバル、学内リサイタル、調律師協会主催よんよんコンサートに出演。京都シティフィルハーモニー交響楽団とグリーグのピアノ協奏曲を、京都市立芸術大学音楽学部・大学院管弦楽団とラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を共演。
これまでに、竹内素子、クラウディオ・ソアレス、荒木美佳、服部久美子、野原みどりの各氏に師事。ピアノデュオを河野美砂子氏に師事。
現在、関西を中心にソロや伴奏、室内楽で演奏活動をしている。
神戸室内アンサンブル少年少女合唱団専属ピアニスト。

藤田 菜央  Nao Fujita 担当:ピアノ

5歳よりピアノを始める。
兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻を卒業。ドイツに渡り、マインツ音楽大学修士課程を修了。
第15回ショパン国際ピアノコンクール in Asia 大学生部門アジア大会奨励賞、第16回ローゼンストック国際ピアノコンクール第5位、第10回神戸新人音楽賞コンクール優秀賞等のほか、ドイツ・フランクフルトにてスタインウェイピアノコンクール第1位、クララ・シューマンピアノコンクールにて第2位と特別賞など、海外での受賞歴もある。
兵庫県立美術館主催「美術館の調べ」、日本芸術センター主催「第110回神戸芸術センター定期演奏会」など多数のコンサートにも出演。
これまでに細川恵美子、坂本恵子、坂井千春、イリーナ・メジューエワ、田村響、フェリックス・ベンカルテーク、トーマス・ヘルの各氏に師事。
現在は関西を中心にソロや室内楽などの演奏活動、後進への指導をおこなっている。

寺川 碧  Aoi Terakawa 担当:ヴァイオリン

6歳よりヴァイオリンを始める。華頂女子高等学校音楽科を卒業。
大阪音楽大学音楽学部音楽学科弦楽器専攻ヴァイオリン演奏家特別コースに特待生として入学し、卒業時に最優秀賞を受賞。
2010年、上海万国博覧会友好提琴演奏団に参加。2010年から2014年まで、さきらジュニアオーケストラに在籍。
大学4年次に、第62回定期演奏会など様々な公演でコンサートミストレスを務める。
第35回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール入選。助成金を得てウィーン国立音楽大学マスタークラスに参加し、Edwad Zienknowski氏の個人レッスンを受講。第22回長江杯国際音楽コンクール第4位、第10回クオリア音楽コンクール第3位、第13回べーテン音楽コンクール第2位。
これまでに榊原徳子、西田美音子、三瀬由起子、久合田緑、日比浩一の各氏に師事。また室内楽を上塚憲一、北浦洋子、田村響、赤松由夏、藤井快哉の各氏に師事。


大窪 奏子  Kanako Okubo 担当:ヴァイオリン

京都市立芸術大学卒。
在学中に沼田園子氏、大谷玲子氏に師事。

卒業するにあたり、市長賞、京都音楽協会賞を受賞。
2012年にイタリアのペルージャ音楽院にてヴァイオリンをパオロ・フランチェスキーニ、
室内楽をフランチェスコ・ペピチェッリに師事。2017年スイスのバーゼル音楽大学にてMaster Performanceを修了。
イタリアにてRivera Etrusca第2位、Premio Crescendo 第1位、
Riviera della VersiliaにてPrimo Premio Assolutoを受賞。

宮下 優花  Yuka Miyashita 担当:ヴァイオリン

神戸女学院大学音楽学部音楽学科器楽専攻(ヴァイオリン)を卒業。同大学大学院音楽研究科修了。同大学新人演奏会、2018年度京都新人演奏会に出演。
第38回草津夏期国際音楽アカデミーにてマルクス・ヴォルフ氏のマスタークラスを修了。プライナー音楽院にてV.ナク、T.ソロコフ各氏のマスタークラスを受講。
これまでに赤松桐子、故稲庭達、辻井淳、釋伸司の各氏に師事。
神戸女学院大学演奏研究員。
関西を中心にオーケストラへの客演、ソロ、室内楽などの演奏活動を積極的に行っている。また、演奏家のための演奏会用チラシ・フライヤー等の、オリジナルデザイン制作を手がけている。

高木 里美  Satomi Takagi 担当:チェロ

16歳からチェロを始める。
これまでに北口晋之、山岸孝教の両氏に師事、
現在北口大輔、上塚憲一の両氏に師事。
また、室内楽を上塚憲一、北浦洋子の両氏に師事。
選抜学生によるミレニアム・スチューデント・コンサートにアンサンブルで出演。
第6回関西オーケストラフェスティバルに参加。
豊中市サウンドスクール事業にてこども園、小学校で出張演奏を行う他、福祉センター、教会など各地で演奏活動を行う。
大阪音楽大学音楽学部弦楽器専攻卒業。

松尾 咲  Saki Matsuo 担当:声楽・ボーカル

神戸山手女子高等学校音楽学科卒業。
京都市立芸術大学音楽学部卒業。
京都市立芸術大学音楽研究科修士修了。
第31回兵庫県高等学校独唱独奏コンクール銀賞。
第23回日本クラシック音楽コンクール全国大会第4位。
第67回、第72回全日本学生音楽コンクール大阪大会高校の部、大学の部入選。

秋山文代、上野洋子の各氏に師事。



中島 優子  Yuko Nakashima 担当:フルート
大阪音楽大学音楽学部器楽学科卒業。
第34回アゼリア推薦新人演奏会にて奨励賞受賞。大阪国際音楽コンクール入選。
堺市新人演奏会にてフルート四重奏で優秀賞受賞。
同じくフルート四重奏で万里の長城杯国際音楽コンクールにて3位受賞。
ドイツのメンデルスゾーンサマースクールに参加しパトリック・ガロワの元で研鑽を積み、修了コンサートに出演。
これまでにフルートを宇田有美子、西田麻希子、杉山佳代子、中務晴之の各氏に師事。
H.シュマイザー、S.ルヴィオン、P.ピエルロ、M.コフラーのマスタークラス修了。
フルートアンサンブル琳メンバー。


山口 真希  Maki Yamaguchi 担当:クラリネット
相愛大学音楽学部管楽器専攻卒業。同大学卒業演奏会に出演。
第10回長江杯国際音楽コンクール第4位。東京国際芸術協会海外音楽大学マスタークラス派遣助成オーディションにて助成金を受け、ウィーン音楽大学マスタークラスを受講予定。
これまでに廣野桃子、藤井一男、ブルックス・トーンの各氏に師事。浜中浩一、カール・ライスター各氏のマスタークラスを受講。
日本ウィンドアンサンブル《桃太郎バンド》クラリネット奏者。Violin&Clarinet Duo「MinT(ミント)」クラリネット奏者。
2016年には、白黒サイレント映画「DEVOTE」オリジナル・サウンドトラックのクラリネットを担当。
現在は、サロンやホテル、レストラン、学校、地域活性化イベント等の室内楽・ソロ演奏から吹奏楽まで幅広く活動を行っている。クラリネットの可能性を模索し、クラシックのみにとどまらず、様々なジャンルの音楽に意欲的に取り組んでいる。

横田 祥  Syo Yokota 担当:ホルン
大阪音楽大学卒業。2012年度大阪音楽大学管弦楽団インスペクターを務める。
卒業後、同大学でステージマネージャー、音楽ホールスタッフとして勤務する傍ら、演奏活動をする。これまでにホルンを三宅知次、中西順の両氏に師事。
指揮法を加藤完二、高橋敏仁の両氏より学ぶ。
指揮者本多優之氏とともに交響曲 第40番(W.A.モーツァルト)を題材に、当時の演奏習慣を学ぶ「クラシカル・オーケストラ・京都」の企画運営に参加する。
2011年、アンサンブルユニット「EMANON」を結成。
サクソフォーン、ホルン、テューバ、ピアノ、カホンというユニークな編成で活動中。レパートリーは自分たちで作編曲したもの。これまでに、ショッピングセンターや駅、空港でのイベントや、ピアノ教室発表会へのゲスト出演等の他、自身で演奏会を企画し実施する。
2016年、結成5年目を記念し、オリジナル作品音源集を自主制作。

教室名
α Musica (アルファムジカ) 音楽総合教室
代表者
塚本祐士
所在地
〒651-1413
兵庫県西宮市北六甲台3-19-11
→アクセス 北六甲台教室
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町3丁目3-22 KAMITANI6 1階
→アクセス 江坂教室
〒650-0004
兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目2-2 トア山手プラザウイング棟1階109
→アクセス 中山手通教室
〒662-0812
兵庫県西宮市甲東園1丁目5-30ウエストビル2階
→アクセス 甲東園教室
設立
2010年5月